プラセンタ人気が高まっているけど副作用はない?

近年美容業界からも、医療業界からも注目を浴びている有効な成分としてプラセンタがあります。
プラセンタは哺乳類の動物の胎盤を原材料にしているためその安全面や有効成分の有無をはじめさまざまな意味で注目され研究が続いています。

 

プラセンタ成分

 

そんな中気になる点が副作用です。
副作用とはその成分を摂取することによって何か体に起こる症状のことを指していますがこれだけ人気が高いプラセンタですが副作用があるのでしょうか。

 

医療機関でしか摂取できないプラセンタ注射とは?

プラセンタの種類には、人・豚・馬・羊由来のものがあり、医療用プラセンタ注射薬として厚生労働省が認可しているのは、人由来のヒトプラセンタのみで、医療機関でしか摂取することができません。

 

プラセンタ注射

 

プラセンタ注射に使用される胎盤は、薬剤メーカーが契約をしている産婦人科で、国内の日本人の正常分娩の人から提供された胎盤を、ウィルス検査や感染症などの検査がされてから、有効成分を抽出しています。

 

プラセンタ注射には、メルスモンとラエンネックの2つが厚生労働省で薬事法の承認を受けていて、更年期障害や肝機能障害の治療に使われています。
よって医療機関やクリニックでの接種が必須となり、治療目的のため保険適応となります。

 

 

プラセンタ注射は、即効性も高く、効果を感じることが出来るので治療薬としてはもちろんですが、その注射のおかげで美容面でもうれしい効果を感じることが出来ます。

 

プラセンタ注射アンプル

 

そのことで今では治療目的ではなく、美容目的でプラセンタ注射を接種希望する人が増えています
その場合はもちろん自費になってしまいますが、それでも美容目的としての人気は高まるばかりです。

 

プラセンタ注射接種の場合、週に1,2回の通院が必要となります。
そこでアンプルと呼ばれる充填された注射液を2アンプルまたは3アンプル接種するのが主流のようです。
気になるプラセンタ注射の料金ですが、1アンプルの値段が医療機関やクリニックで違うためかかる費用が変わってきますが、およそ1アンプル1200円から2000円ぐらいです。

 

プラセンタ注射の副作用とは?

輸血ができなくなる

 

献血できない

プラセンタ注射は今のところ、B型・C型肝炎ウィルス、バクテリア、エイズウィルスなどの病原体や感染症などの報告はありませんが、100%ないとは言えません。

 

そのため、厚生労働省からの通達により、1度でもプラセンタ注射を摂取すると、輸血による病原体や感染症などのリスクを回避して安全性を高めるために、その後献血ができません。

 

静脈注射

また、プラセンタ注射の静脈への投与は、体外へ排泄されてしまうのが速いため効果が低下すると言われていて、ショック症状が起きてしまったという事例もあり、メルスモンとラエンネックの2つは、静脈への投与が不可となっています。

 

アレルギー症状

 

炎症

 

今現在の時点で、プラセンタ注射の重大な副作用は報告されていませんが、ごくまれに、注射を打ったあとに赤い発疹や発熱、アレルギー症状が起きてしまうことがあります。

 

医療機関で処方されるプラセンタサプリメントとは?

プラセンタ注射を行っている医療機関では、メルスモンのカプセルなどを勧める場合もあるようですが、これも人由来のものなので、やはり病原体や感染症などのリスクがあるため、プラセンタ注射と同じで同意書にサインをする必要が出てきます。

 

サプリメントを併用している医療機関も多くあります。
その場合のサプリのほとんどは豚由来のものが多く、併用することで効果を促しています。

 

サプリは医薬品とは違い、栄養補助食品です。
足りない分を補うためのものと考えられているサプリは、補助的な役割として医療機関でも推奨されています。

 

続けて摂取しやすいプラセンタサプリメント?!

サプリメントとは毎日の食事だけでは足りない栄養素を補うための食品のことで、プラセンタサプリメントも栄養補助食品で、ドラッグストアなどで健康食品として販売されています。
市販のプラセンタサプリメントは、豚・馬・羊由来のプラセンタで、人由来のヒトプラセンタは販売されていません。

 

プラセンタサプリメントに使用される動物の胎盤は、飼育環境や衛生面、抽出方法や製造方法が大きく影響し、きちんと管理されていて安全性が高い質の良いものほど、プラセンタに含まれている栄養素が多く、純度が高いものが摂取できます。

 

サプリ

 

プラセンタサプリメントは、最低でも三ヶ月と長い期間、毎日継続して摂取し続けることによって、プラセンタの効果が実感できるといわれていて、プラセンタ注射とは違い即効性はありません。
即効性を求めるならプラセンタ注射をするべきかもしれませんが、プラセンタ注射も基本的には継続が必要ななってきます。
間隔を開けずに接種し続けなければ、効果が持続できません。

 

プラセンタ注射であっても、プラセンタサプリであっても継続は必要な条件となっているようです。

 

プラセンタサプリに副作用はあるの?

プラセンタサプリは、健康食品なので副作用の心配はほとんどなく、今現在、重大な副作用は報告されていません。

 

そのため妊娠していても継続できると考えられています。(その場合は担当医と相談をしたうえで服用する必要があります)
しかし、食品と同じようにプラセンタに含まれるタンパク質やアミノ酸に対してアレルギー症状が出てしまう可能性や、個人差があるので合う・合わないということは出てきてしまいます。

 

もともとアレルギー体質の人や、体力が低下していたりなど、アレルギーが心配な場合は医師に相談してからの摂取をおすすめします。

 

 

大前提に薬ではないという点が非常に大きく関係しています。
残念ながらヒトプラセンタは唯一の医薬品となっていますので副作用はありうる可能性が高いと考えてください。

 

サプリの場合は健康食品としての扱いであるため重大な副作用につながっていないということです。
即効性がないサプリを逆の言い方をすれば、そこまで強い作用がないということです。

 

時間はかかりますが同じ継続が必要であるならば、手軽に安価で飲み続けるサプリのほうをおすすめします。

 

 

サプリランキング

bana-1

Plange〜プランジュ〜の特徴
人間の体にスムーズに浸透していく豚プラセンタサプリ。 デンマーク産だから安全性も安心です。 何といってもPlangeの最大の特徴は女性が喜ぶ成分がぎっしり詰まっています。ヒアルロン酸やプロテオグリカン・コラーゲンの美容成分はもちろん、女性の不調に働きかける乳酸菌や大豆イソフラボンも配合されていて、8つも含まれているプラセンタサプリはPlangeだけです! 1日3粒で7800rとプラセンタ含有量も高く、これ1つですべてがOK! 初回定期は980円、1日たったの33円で購入できる手軽さが魅力です。
価格
980(税込)
評価
評価5
備考
美容成分がプラセンタサプリNO.1の多さ!
Plange〜プランジュ〜の総評
サプリとわからないぐらいかわいいデザインで、カバンの中から出しても注目されること間違いなし!
定期コースは回数縛りがないから、いつでも休止・解約が出来ちゃうのが嬉しいです。お客さま満足度1位の言葉どおり満足できるサプリはPlange!おすすめです。

bana-2

Tp200の特徴
馬プラセンタサプリで探すなら、最強コスパのTp200です。国産サラブレッドが原材料なのに、1か月2700円でサプリを飲むことが出来るなんて驚きのサプリです。カプセルタイプで中はプラセンタ原末だけしか入っていない純度100%。他の成分が配合されていない分、プラセンタ成分をしっかり摂りたい方にはおすすめです。
価格
2700(税込)
評価
評価4
備考
馬プラセンタの中では最強のコスパ!
Tp200の総評
サイタイエキスも配合されてパワーアップしたTp200は、大手サイトで1番売れた人気サプリです。その秘密は高品質なのに低価格だからではないでしょうか?1カプセルずつの個包装になっているので、旅先やお出かけ先にも持ち運びやすいのが◎。

bana-3

マカプラセンタの特徴
1位のPlangeと同じく豚由来のプラセンタサプリです。注目すべきは、マカ成分、マカと聞くとなんだか男性のための成分かと思うかもしれませんが、女性の不調をサポートしてくれる成分なのです。アルギニンがたっぷり含まれているマカ成分を摂ることで、活力がみなぎるとパワーの源になっています。元気に過ごしたい女性におすすめのサプリです。
価格
500(税込)
評価
評価3
備考
女性の不調改善に期待ができるプラセンタサプリ
マカプラセンタの総評
初回が500円とは驚き価格のサプリですが、30粒しか入っていないので飲み方によっては10日分になってしまうかもしれません。
また定期コースの場合3回までの購入条件があるため、もし自分に合わないことがあっても購入し続けなくてはなりません。
でもプラセンタが初めてという方には手ごろな価格でチャレンジしやすいサプリかもしれません。