プラセンタサプリは安心できるサプリなの?

プラセンタサプリ、今ではドラッグストアでも見かけるほど美容サプリとしても定番になったサプリです。

 

プラセンタサプリは若返りに期待できるサプリとして注目され、プラス体調も改善してくれるという評判が高く多くの女性が愛用しています。
そんなサプリは、のんですぐにプラスになるかというと、そこは個人差もありますが、基本的にはじっくり時間のかかるものです。
よってサプリを毎日飲み続けることが大切なポイントになっていきます。

 

ところが体調の変化はもちろん、妊娠をすると飲み続けていいか迷う状態になってしまうことはないでしょうか?
せっかく飲み続けているのにやめなくてはいけない状況になります。
サプリは薬ではないから飲んでいいのでは?と思いながらも不安でサプリを飲むことをやめてしまう人が多いのが現状です。
そこでこのサイトではそんなプラセンタサプリの疑問について解明していきます。

 

プラセンタサプリとはどんなサプリ?

プラセンタサプリとはそもそもなんでしょうか?

 

まずはプラセンタについて知識を深めましょう。
プラセンタとは、胎盤から抽出した成分のことを言います。
哺乳類が妊娠をすると、できる臓器の一つで、その胎盤はお腹にいる胎児に摂って重要な役割をする臓器こそが胎盤です。
栄養素がたくさん含まれていて、真似をして人工的に作ろうとしてもできない栄養成分があります。
哺乳類が出産後胎盤を食べて、産後の体力を回復させるというのも、関係があり、それだけ十分な栄養があるということです。

 

哺乳類の胎盤を原材料にしていますが、すべての哺乳類というわけではなく、現在では人間・馬・羊・豚の4種類の胎盤だけが原材料として使用されています。
胎盤の栄養素をプラセンタとして使用することの歴史は古く、ここ数年で注目されている成分というわけではないのです。

 

プラセンタ成分は美容にも期待はできるのですが、もとは細胞の修復が目的で使われるようになったのです。
現在でも治療目的としてプラセンタ成分を使用する方法はあります。
それがプラセンタ注射といって、唯一人間の胎盤を原材料にして作られているヒトプラセンタです。

 

それ以外の馬・豚・羊の胎盤を原材料にして抽出した成分をサプリをはじめ、ドリンクや粉末、化粧液などに配合しています。

 

肌にハリをあたえ、シミやくすみにも効果的である美容効果と体の中から再生力にによって健康にしてくれる健康効果、この2つが大きなプラセンタに期待できることと言われています。
そして1番の魅力は老化現象にストップをかけてくれることが期待できるといわれています。

 

そんなプラセンタ成分をサプリにしたものがプラセンタサプリです。
プラセンタサプリは薬ではなく、サプリです。
つぶをお水などで飲むのでなんだか医薬品のように感じるかたもいるかもしれませんが、プラセンタサプリは医薬品ではないのです。
プラセンタサプリは栄養補助食品なのです。

 

栄養補助食品

医薬品と栄養補助食品には違いがあるのです。
医薬品は薬事法で定められているものであり、治療や予防目的に使われるものです。
そのため医師の指示のもとであったり、規定量などが提示されているものといわれています。

 

栄養補助食品は健康食品ともいわれ、厳しい規定はありません。
そのため治療する力もさほど強くなく、普段の生活にプラスα―するような成分のものをいいます。
補助的に服用するものが栄養補助食品と言われています。

 

プラセンタサプリは栄養補助食品としての扱いです。
そのため補助的に使うものとされています。
そしてこの2つの大きな相違点は副作用の有無といわれています。

 

医薬品は副作用が多かれ少なかれあるものですが栄養補助食品は副作用がほとんどないといわれています。
そのため妊娠中では医薬品の服用は医師の指示のもとと言われていますが、プラセンタサプリは栄養補助食品なのでそのまま飲み続けても大丈夫なのです。
もちろん不安がある場合などは担当の医師に相談をしてみることもおすすめします。

 

ヒトプラセンタは唯一の医薬品?!

プラセンタ成分とは胎盤を原材料にして、抽出した成分のことを言いますが、人間の胎盤を原材料にしたヒトプラセンタだけは医薬品として扱われています。
それがプラセンタ注射なのです。

 

プラセンタ注射の製剤として人間の胎盤を原材料にしたヒトプラセンタが使われています。
厚生省が認可していて、医薬品としてい医療の現場で治療薬として扱われています。
更年期障害にはメルスモン、肝機能障害にはラエンネックといった2種類のプラセンタ注射が使われています。

 

その効果の高さは評判となり、多くのクリニックや医院で使われています。
プラセンタ注射と併用して自宅でプラセンタサプリを服用するといった処方をされることも多く、その処方されるプラセンタサプリは豚や馬が原材料となっているものです。

 

更年期障害や肝機能障害などの病気の場合は保険が適応されますが、そのほかの場合は自費となります。
しかしプラセンタ効果の高さに、自費でも接種したいという人が多く、現在では摂取希望者には自費で接種するクリニックや医院が増えました。
そのプラセンタ効果には、美容健康効果ともに期待ができると評判で、また即効性が高いため、人気となっています。
持続する期間は2週間前後といわれているため、1か月に1,2回は接種しなくてはならないため、手軽さはありませんが、美を意識している人には手間ではないようです。

 

プラセンタ注射の評判の高さだけが先に独り歩きしてしまっているように感じる点も実はあるんです。
というのも、プラセンタ注射にはリスクがあるため、1度でも接種することで献血ができなくなってしまうというデメリットがあります。
このデメリットをしっかり理解してから接種するべきではないでしょうか?
もしかしたら接種している人でも今これを読んで「ハッ!」とした人はいませんか?

 

プラセンタ注射を接種する人には必ず同意書の提出が義務付けられています。
その理由は、プラセンタ注射の製剤にあります。
先にも述べたように、プラセンタ注射の製剤には人間の胎盤が原材料として使われています。
つまり感染症などのリスクが否定できないという理由から厚生省から通達がきたのです。
よってプラセンタ注射を接種して人は献血ができないということを理解して同意書を書き提出する必要があるのです。

 

プラセンタ効果葉実証されてはいますが、リスクがあるプラセンタ注射ですので、接種する場合はよく考えてから接種することをおすすめします。

 

プラセンタサプリは手軽で安心できる?

プラセンタ効果のすばらしさや即効性でいえばプラセンタ注射がおすすめですが、リスクがあるのが不安要素になってしまいます。
その点プラセンタサプリは手軽で安心といえるのではないでしょうか?

 

現在プラセンタサプリとして市場で販売されているのは馬や豚・羊のプラセンタサプリが主流です。
サプリのため、即効性はなく毎日飲み続けていき、継続することで少しずつ変化に期待ができるできるようになるのがサプリです。
即効性を求めてしまう人にはおすすめできないかもしれませんが、デメリットというものはほとんどありません。
サプリを摂取していることで献血ができなくなることももちろんありません。
毎日、目安量を参考に飲み続けていくだけです。
とても手軽ではありませんか?
しかも、プラセンタサプリの購入も店頭で販売されているものもありますが、ネット購入をすることで定期的にお得に入手することができます。
店頭で販売されている数は限られていますが、ネットでは多くの種類から選んで購入することができます。

 

自分の足を運ばなくても手元にプラセンタサプリが届き、毎日飲み続けるだけ!こんなにも手軽な方法があるでしょうか?
価格的にもお財布に優しい価格となっているため、始めやすいのがサプリです。
自分に合ったサプリを見つけることで、きっと笑顔があふれる毎日が送れるようになるでしょう。