妊娠しても続けられるプラセンタサプリ

MENU

安心?!プラセンタサプリ

美容効果健康効果も評価が高く女性たちが愛用しているプラセンタサプリ
プラセンタサプリは毎日続けて飲まなくては効果が得られないといわれています。
女性は新しい命を授かったことによりプラセンタサプリを飲み続けることが困難になることがあります。
妊娠することで女性はさまざまなことに敏感になることでしょう。
体調も不安定になりプラセンタ効果を必要としているのにサプリメントだから飲んでいいのかわからずやむなくやめてしまう人が多いのが現状です。
でもプラセンタサプリは飲み続けてもいいといわれているサプリメントなのです。
ということはプラセンタサプリは安心なのでしょうか?
そのことについて詳しくみていきましょう。

 

プラセンタサプリとは

プラセンタサプリとはそもそもなんでしょうか?
プラセンタ成分を含んだいわゆるつぶタイプのものです。
そのプラセンタ成分は人間をはじめ、豚や馬・ヒツジの胎盤から特殊な方法で抽出した栄養素のことです。
栄養素は私たち人間には必要不可欠な栄養素を多く含んでいて、なおかつ人工的に作り上げるには不可能な配合になっているといわれています。
肌にハリをあたえ、シミやくすみにも効果的である美容効果と体の中から再生力にによって健康にしてくれる健康効果、この2つが大きなプラセンタ効果と言われています。
そして1番の魅力は老化現象にストップをかけてくれる効果があるといわれています。

 

そんなプラセンタ効果があるプラセンタサプリは薬ではないのです。
つぶをお水などで飲むのでなんだか医薬品のように感じるかたもいるかもしれませんが、プラセンタサプリは医薬品ではないのです。
プラセンタサプリは栄養補助食品なのです。

 

栄養補助食品

医薬品と栄養補助食品には違いがあるのです。
医薬品は薬事法で定められているものであり、治療や予防目的に使われるものです。
そのため医師の指示のもとであったり、規定量などが提示されているものといわれています。

 

栄養補助食品は健康食品ともいわれ、厳しい規定はありません。
そのため治療する力もさほど強くなく、普段の生活にプラスα―するような成分のものをいいます。
補助的に服用するものが栄養補助食品と言われています。

 

プラセンタサプリは栄養補助食品としての扱いです。
そのため補助的に使うものとされています。
そしてこの2つの違いで大きい点は副作用の有無です。

 

医薬品は副作用が多かれ少なかれあるものですが栄養補助食品は副作用がほとんどないといわれています。
そのため妊娠中では医薬品の服用は医師の指示のもとと言われていますが、プラセンタサプリは栄養補助食品なのでそのまま飲み続けても大丈夫なのです。
もちろん不安がある場合などは担当の医師に相談をしてみることもおすすめします。

更新履歴